2022/05/24

【Cluster】今年も開催! ワールド制作コンテストCluster Game Jamとは?

(画像はcluster公式HPより引用)
VRや仮想空間(メタバース)という言葉を耳にする機会も増えた昨今、メタバースで新たな交流や体験を楽しむ方は増えてきています。しかし一方で、興味はあるけど参加は難しいと思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、Clusterで4回目の開催となるワールド制作コンテスト「Cluster Game Jam」について紹介します。クオリティの高い作品が集まっているので、始めてみたいと感じる方も多いはずです。

そもそもClusterとは

picture

Clusterは、アバターを通じて仮想空間(メタバース)に入ることで交流やゲームを楽しむソーシャルVRサービスです。パソコンだけでなくスマートフォンからも利用できることが特徴的で、誰もが簡単にメタバースで遊ぶことができます。

高スペックなパソコンや難しい知識がなくてもVR体験ができるので、メタバース初心者やVRへのハードルが高いと感じている方でも始めやすいサービスとなっています。アバターもアプリ内で作成できるので、あらかじめ用意しておく必要がありません。

また、毎日なんらかのイベントが行われているのも、Clusterの特徴です。個人の開催する交流イベントだけでなく、渋谷区の公認でバーチャル渋谷ハロウィンイベントが開催されるなど、大型イベントも行われています。

Cluster Game Jamとは

Cluster Game Jamとは、ソーシャルVR「Cluster」で開催されるワールド制作コンテストです。2020年から開催されており、3月18日には4回目となる「Cluster Game Jam 2022 in SPRING」が開催されました。

参加者はテーマに沿ったワールドを制作することになるのですが、特徴的なのはテーマが投稿締切の48時間前にならないと分からないということです。つまり参加者は全員、48時間以内にテーマに沿ったワールドを制作しなければならないということになります。限られた時間の中で、どれだけテーマに沿った独創的なワールドが作れるかが鍵になるコンテストです。

4回目の今年は、スマートフォンからワールド制作が可能な新機能を活用した「ワールドクラフト部門」や「アート部門」、「アスレチック部門」等の10部門に分かれ、多くのクリエイターが活躍できるものになっています。

Cluster Game Jam 2022 in SPRINGの詳細

picture

ここからは、先日開催されたCluster Game Jam 2022 in SPRINGの詳細を紹介します。次回参加したい方は、これを参考にエントリーしてみてください。

コンテストスケジュール

エントリー期間:2022年2月8日12時~3月20日21時
開会式・テーマ発表:2022年3月18日21時
ワールド制作・投稿期間:2022年3月18日21時~3月20日21時
閉会式:2022年3月20日
結果発表会:2022年3月26日

エントリー期間内にエントリーをしたチームは、開会式内で発表されたテーマに沿って48時間以内にワールド制作を行います。期間内に投稿された作品の中から優秀作品を決定し、公式YouTubeにて結果発表が行われます。

募集要項・賞金

応募資格:なし ※複数チームの掛け持ちは不可

総合大賞:50万円(1チーム)
各部門大賞:豪華賞品(各1チーム)
部門賞:豪華賞品(各10チーム)
奨励賞:賞品(300チーム)

審査のポイント

テーマに沿ったワールド制作になっていることや、何度も楽しめる独創性や複数デバイス対応のワールドであること、などが審査のポイントになっています。

前回のコンテストでは「ホップ・ステップ・ジャンプ」というテーマが発表され、「Step Hopper」というパズルゲームが総合大賞を受賞しています。選評では、テーマに沿ったジャンプギミックや複数人プレイで攻略しやすくなる点などが評価され、バーチャルSNSであるClusterに合ったゲームであるとコメントされていました。

単にゲームやワールドとしてのクオリティを追求するだけでなく、テーマやClusterというプラットフォームに沿った作品が求められているようです。

まとめ

今回はClusterのワールド制作コンテスト「Cluster Game Jam」について紹介してきました。コンテストの結果発表はYouTubeのCluster公式チャンネルで行われるため、Clusterを利用していなくても確認することができます。また、Clusterでは受賞作品が公開されているので、誰でも遊ぶことが可能です。この記事で紹介している「Step Hopper」も、Clusterユーザー全員に公開されています。

メタバースには様々な種類があり、アバター同士の交流以外にも無数の遊び方があります。VRに興味があるけどなかなか一歩を踏み出せないという方は、受賞作品を遊んでみるところから始めてみてはいかがでしょうか?