2022/05/24

NISSAN CROSSINGとは?概要や魅力を詳しくご紹介

自動車製造・販売で有名な日産株式会社(日産)ですが、私たち客との新しいコミュニケーションツールの手段として、バーチャルリアリティ(VR)サービスにも参入しています。

元々日産は東京銀座で「ワクワクする未来のドライブ体験」と題して、「NISSAN CROSSING」を運営しています。この実在するギャラリーをモチーフにしたものがアメリカ発のVRサービスであるVRChatにて昨年11月から公開されています。
VRChatの利用者の方はもちろん無料で自由に訪問することができます。

NISSAN CROSSINGのデザインテーマ

picture

「ワクワクする未来のドライビング体験」の提供を目標としているNISSAN CROSSINGのデザインテーマは「Spiral」。直訳すると「螺旋」になりますが、「過去→現在→未来に繋ぐ」、「伝統×革新で新たな文化を生み出す」といった趣旨があるようです。実際NISSAN CROSSINGのギャラリーは最新の技術が用いられているにも関わらず、懐かしさも感じられる雰囲気になっています。

NISSAN CROSSINGで行われている様々なイベント

picture

日産はフォーミュラE シミュレーターでラップタイムNo.1を目指すNISSAN FORMULA E GINZA ROUNDを開催しています。本格的なドライビングシミュレーターを楽しみながらラップタイムを競い合うことができます。設定された目標タイムを達成できた方には景品もあるようなので、興味を持たれた方は是非銀座に足を運んでみてください。

しかし様々な事情で現実では足を運べない方もいると思います。そこで近年注目されているVRの出番です。VRChatのプラットフォーム上で公開されているNISSAN CROSSINGは現実のNISSAN CROSSINGのギャラリーを忠実に再現しています。もちろんここでもイベントの開催がされており、2021年末には「NISSAN CROSSING」を電気自動車で出発し、地球温暖化について考えるツアーも行われたようです。

また2022年に入ってからも様々なイベント・活動が行われています。3月7日には高齢者の方の安全運転を促進・啓発する「ハンドルぐるぐる体操」の体験会が実施されています。このイベントに合わせて、REATH ACTORS『カソウ』舞踏団所属の方々、胡椒家所属の方々、questラジオ体操部の方々、ぱんだ歌劇団の方々、蕎麦屋ふれんどの方々、題名のないお茶会の方々といったメタバース上のインフルエンサーたちが、様々なワールドでの「ハンドルぐるぐる体操」をYou Tube上に公開しました。

この「ハンドルぐるぐる体操」は、日産が2020年に新潟大学と協業して作ったもので、高齢者の方の方の安全運転を促通・啓発するために作られています。You Tube上ではメタバース上のインフルエンサーたちが楽しそうに踊っているこの体操ですが、新潟大学で効果が検証されているものになっています。60~80歳台の25名の高齢者に対し、2か月間の効果検証を行ったところ、柔軟性や歩幅の向上が見られたとのことです。これらは日常生活がどれくらい自立されているかや転倒の危険がないかを反映する指標となります。

「ハンドルぐるぐる体操」は、正しく継続することで、運転に必要な筋力、認知力の向上が期待されます。また高齢者に限らず、運転不足になりがちな誰にでもおすすめできる内容になっています。このイベントは3/7に実施されたものですが、「ハンドルぐるぐる体操」を楽しく覚えることが出来るように、VRコミュニティの皆さんが、メタバース上の様々なワールド内で体操を実施する動画も併せてYouTubeに公開しました。興味がある方は是非ご覧下さい。

まとめ

picture

今回はVRChat上に公開されているギャラリー「NISSAN CROSSING」についてまとめました。VR市場は今後も拡大が期待されるジャンルです。日産は2021年からVRChat上で参入しており、今後も楽しいイベントが開催されると思います。今回の話に興味を持って下さった方でVRChatを始めていない方はこれを機に初めてみてはいかがでしょうか。