実はシンプル!日本語文の構造の基本とは?

2021/03/01

article_image

日本語文の構造は、どのような形を基本としているのでしょうか。そのように聞かれたときに、多くの方の頭に浮かぶのは、「主語」と「述語」という要素であると思います。この記事では、日本語文の構造について説明していきます。

中心となる要素は述語

日本語文において、中心となるのは、何よりも「述語」です。「主語も重要なのでは?」と思う方もいるかと思いますが、外国人が日本語を学ぶための文法である日本語文法においては、主語を特別視して扱うことはしません。本記事では、以下、述語の種類について説明していきます。

述語の種類

日本語文の述語には、(i)動詞、(ii)形容詞、および(iii)名詞の3種類があります。そして、これらの各述語を中心として構成される文章を、それぞれ、(i)動詞文、(ii)形容詞文、および(iii)名詞文と呼びます。文章が(i)動詞文、(ii)形容詞文、および(iii)名詞文のうち、どの種類の文に当たるかは、文章の最後にくる述語の種類によって決定されます。なお、日本語文法においては、形容詞の連体形(名詞に係る形)は「~い」で終わるものをイ形容詞、形容動詞の連体形が「~な」で終わるものを、ナ形容詞と呼んでいます。すなわち、国語文法において、形容詞と形容動詞とに分けて呼んでいたものは、日本語文法においては、イ形容詞とナ形容詞という名称の使い分けをしてはいるものの、双方ともに形容詞として扱います。

それでは以下の各文について、文章の最後の述語の種類に着目して、それぞれどの種類に当たるかについて考えてみて下さい。
①私は図書館で本を読む。
②あの猫はとても可愛い。
③祖母はいつも元気だ。
④彼が司会者だ。

解答は、以下のとおりとなります。
①の述語は「読む」という動詞であるので動詞文
②の述語である「可愛い」はイ形容詞に当たるので形容詞文
③の述語である「元気だ」はナ形容詞に当たるので形容詞文
④の述語は「司会者」という名詞から成り立っているので名詞文

先に述べたように、日本語文法における「形容詞」は、国語文法でいう形容詞と形容動詞を合わせたものを指しますので、「あの猫はとても可愛い」という文も「祖母はいつも元気だ」という文も、ともに形容詞文になります。このように、日本語文は述語を中心に考えると、シンプルな3種類の形に分類することができます。

最後に

この記事で皆さんにお伝えしたかったことは、必ずしも主語―述語のセットで日本語文の構造を捉える必要はなく、むしろ述語のみに着目することで、シンプルな構造として捉えられるということです。気になる方は、動詞文、形容詞文、名詞文のそれぞれにつき、理解を深めていってみてください。

>>新着記事一覧へ

同じカテゴリの記事